So-net無料ブログ作成
ネットニュースより ブログトップ
前の10件 | -

Macintoshには使えんらしいがニャンコが教えてくれるー [ネットニュースより]

こんにちは。

ネットをチョロチョロしてましたらこんな所へ

「猫セキュリティ」
http://download.kingsoft.jp/security/kis/055/
(「キングソフト」(リンクしていません)

「かわいいニャンコが貴方のパソコンを守るニャン!」
だそうですよ。(^_^)

a1130_000259.jpg
(画像素材「足成」より)


nice!(36)  コメント(13) 

「九州パンケーキ」が賞をとったとな? [ネットニュースより]

こんにちは。

最近、母の友人が2.3週間程ハワイに遊びに行くと言う話を聞いてから

「パンケーキ(ホットケーキも可(w))が食べたい!」

とモヤモヤしていて、Amazonで検索して取り寄せたたりしていたりするのですが。


今日、So-netネットニュースで、

農林水産省「ジャパンフードフェスタ2013」で、来場者らが優れた
地場食品を投票で選ぶ「第1回地場もん国民大賞」宮崎県の「一平」が
出品した「九州パンケーキミックス」が金賞を受賞した。

(富山県の「ラム酒に漬けた干柿のアイス」とか
 福井県の越前「蟹味噌バター」とかも面白そう)


との記事がありましたので、ネットで調べてみたら楽天で取り寄せできるようで。





10月初めからAmazonでパンケーキミックスを買っては
「う〜〜〜〜ん」「う〜〜〜〜む」と微妙な私(w)。

さて、品が無くなる前(大賞とか受賞したら取り寄せが半端無さそう)に通販しようかな(^_^)

a1530_000057.jpg
(画像素材「足成」より:画像は「九州パンケーキ」ではありません)
nice!(15)  コメント(8) 

かわいいなぁ(^_^) [ネットニュースより]



こんにちは。
白フクロウの赤ちゃんの記事がネットニュースでありましたので
リンクしてみました。

上記の記事をクリックしますとジャンプし他のかわいい写真
が見れます。(^_^)


P.S この記事の写真もとてもかわいいけど、私のお気に入りの
   ブログ記事のサービスカットも激かわゆかった♡
nice!(9)  コメント(7) 

動物を模したアクセサリー [ネットニュースより]



こんにちは。

ネットニュース↑で紹介されていました〜。
素敵ですね〜。(^_^)

意匠的な作品も素敵ですが「コラソン動物園」で販売しているアクセサリー
は、面白くてかわいいです。

こちらは↓ほんの一部です。
ピンバッチ、ストラップ、キーホルダー、ペンダントなど
ありますよ〜。

知人で「ワニ」グッズを集めてる方がいるので、
クリスマスプレゼントにワニで何か無いかと探したのですが
恐竜はいるのですが、ワニが見つからなかったので残念です。(:^_^A


セキセイインコ ピンバッジ

セキセイインコ ピンバッジ

  • 出版社/メーカー: コラソン動物園
  • メディア: ジュエリー



オカメインコ ピンバッジ

オカメインコ ピンバッジ

  • 出版社/メーカー: コラソン動物園
  • メディア: ジュエリー




柴犬 ピンバッジ

柴犬 ピンバッジ

  • 出版社/メーカー: コラソン動物園
  • メディア: ジュエリー



コノハズク ピンバッジ

コノハズク ピンバッジ

  • 出版社/メーカー: コラソン動物園
  • メディア: ジュエリー



シロクマ ピンバッジ

シロクマ ピンバッジ

  • 出版社/メーカー: コラソン動物園
  • メディア: ジュエリー



アメリカン・ショートヘアー ピンバッジ

アメリカン・ショートヘアー ピンバッジ

  • 出版社/メーカー: コラソン動物園
  • メディア: ジュエリー



nice!(6)  コメント(3) 

自宅の庭に遺跡あり。 [ネットニュースより]



こんにちは。

ネットニュースから抜粋です。
上記の記事をクリックしますと、子細記事のサイトに
ジャンプいたします。


この記事を読んでいて、日本の明日香にある、
酒船石と似た石が個人の庭石としてあるという
話を思い出しました。


飛鳥―水の王朝 (中公新書)

飛鳥―水の王朝 (中公新書)

  • 作者: 千田 稔
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 新書



元々の場所から移動して個人宅の庭石にしてしまったらしいとの事。
本を読んでて「ええええ〜!?」と思う事しきり。


明日香は水の都。
水時計や綿密な計画で造営された池など、謎はそこかしこ、
実は一度も行ったことがない興味深々の土地なんですよね〜。

何度が行く機会があったものの、何故かお流れになる
明日香への旅。

ちゃんと勉強してからお出でね、とか言われてそうです。(w)

a1380_000261.jpg
(画像素材「足成」より)
nice!(9)  コメント(8) 

科学雑誌 [ネットニュースより]


科学 2012年 05月号 [雑誌]

科学 2012年 05月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2012/04/28
  • メディア: 雑誌



こんにちは。
「エキサイト」ニュースから興味深い記事がありましたので
お知らせ致します。
上記の雑誌をAmazonでは、既に完売で、元値1400円以上の中古品にて
発売されています。

そして、この雑誌を紹介していてのは↓こちらのサイトです。

「エキサイトニュース:原発でボロ儲けできる理由」
http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20120521/E1337531080005.html
(リンクしておりませんm(_ _)m)


「岩波書籍 雑誌「科学」原発関連記事一覧」サイトはこちら↓
http://www.iwanami.co.jp/kagaku/genpatsukiji.html
(リンクしておりませんm(_ _)m)

今現在の原発のあり方に疑問をもたれる方は一読されても
よろしいかと思います。



a0001_016593.jpg
(画像素材「足成」より:ワ〜、ビックリ。up早いですね〜)
nice!(9)  コメント(9) 

辰年に龍の瑞兆? [ネットニュースより]



こんにちは。
少し前に読売新聞でも読みましたが、今日、
ネットニュースで取り上げてありましたので、
ブログで紹介させて頂きます。

子細は上記の記事をクリックしますと別サイトに
移行後、確認できます。

復興の良い兆しでありますように。
nice!(1)  コメント(0) 

「奇妙なエビ」の完全な状態の眼発見 [ネットニュースより]



こんにちは。
「アノマロカリス」の完全な状態の眼が発見されたニュースです。
(上記の記事をクリックしますと詳しい記事へジャンプします)

古生代カンブリア紀に生息していたと言われている
謎の多い生物で、発見当初、体と大きい触手(?)
は別の生物として認識されていたんですよね?(ちょっと、うろ覚えです)

それにしても発見された化石をリアルに復元できる技術や
想像力には感嘆してしまいます。


ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)

ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)

  • 作者: スティーヴン・ジェイ グールド
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: 文庫



上記の記事に興味を持った方は↑の本がお薦めでよ〜。(^_^)
nice!(2)  コメント(2) 

「ASIMO」を初めて見たとき。 [ネットニュースより]


(↑クリックしますとニュース記事のサイトへジャンプします)

こんにちは。
ネットニュースからの記事になります。
「Honda」が誇る二足歩行型ロボット「ASIMO」
は手塚治虫氏の「鉄腕アトム」が開発の動機になった
事は有名ですね。

でも私は初めて見た時は「火の鳥」かと思いました。
今現在は何世代目なのか分かりませんが、初めて
ニュースなどで見た時は背中に大きいバックを
背負っている感じで、それが「火の鳥」に登場した
人の形をしたロボットの中で幼児(時間を逆行した成人男性)
が操作しているしてる感じでちょっと怖かった事を
覚えています。

今は背中もスッキリ。
こうやって見ていると、本当に介護ロボットなどが
お目見えしそうですね、
(介護ロボットと言っても二足歩行ではなくカプセル型とか
出そうですね、寝たままマッサージ、床替え、etc。)



火の鳥 全13巻セット (角川文庫)

火の鳥 全13巻セット (角川文庫)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/03/14
  • メディア: 文庫



鉄腕アトム《オリジナル版》復刻大全集 【アトム対プルートウ編】

鉄腕アトム《オリジナル版》復刻大全集 【アトム対プルートウ編】

  • 作者: 手塚治虫:著/監修:手塚プロダクション
  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2010/10/09
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 

珈琲はお好きですか? [ネットニュースより]



こんにちは。
上記は珈琲を摂取することでの体への利点(米国研究チームからの発表)
があるというネットニュースです。

最近、コーヒー豆が栽培されている国では異常気象により
生産が大幅にダウンしているそうで、で、上記の
ニュースを読んでしまうとコーヒー豆を扱ってる企業の
株なんぞがup?とか思ってしまいます。(短絡過ぎ? (;^_^A )


で、珈琲と言えばカフェインですが、
先日、購入した下記の本では↓

セルライトがすっきり 美脚痩身術 (講談社プラスアルファ文庫)

セルライトがすっきり 美脚痩身術 (講談社プラスアルファ文庫)

  • 作者: ナターシャ・スタルヒン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/06/20
  • メディア: 文庫


カフェイン入りの珈琲は「微小循環系に影響が有り
脂肪組織への血液供給を減少してしまう」ので、お勧め出来ない
と書かれていて、米国で、どうしてノンカフェインの珈琲が
もてはやされてる一端が分かりちょっとビックリしました。


簡単に口にしているコーヒーですが、豆の生産国では公平な条件下で
国際貿易ができず労働条件がよくならないと聞きます。

a0011_000103.jpg
(画像素材「足成」より)

身近にある珈琲ですが、されど珈琲なんですね。



nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - ネットニュースより ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。