So-net無料ブログ作成

私の知識は漫画と本である。 [本]

こんにちは。

お題、私の知識は漫画と本なので、鵜呑みにしてると自身が赤っ恥をかくことに
なりますが、ゆるっと書かせていただきます。


むか〜〜しむかし、ラジオ番組を聞くとも無く聞いていたら、「笑える三面記事」なる話をしていて、
内容は「高校の女子寮のお風呂に男が侵入、お縄に。」というもの。

ただ、覗きでは無くお風呂のお湯を抜いていた時に忍び込んだらしい、
ラジオのパーソナリティーさんは、奥歯にものを挟んだ言い方をしていて
忍笑いをしていたのだが、小学生の私には意味不明。

で、随分と時が流れてのとある本を購入。

もののけ物語 (角川文庫)

もののけ物語 (角川文庫)

  • 作者: 加門 七海
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2014/01/25
  • メディア: 文庫



こちらの本に、ギャンブルのお守りについてのエッセイがあり、長年疑問に思っていた
事が氷解。

「、、、、、、。」

変わったものをギャンブルのお守りにするんですね〜〜。
一体、始まりはなんでしょう?


ギャンブルのお守りで「鼠小僧次郎吉の墓」を削って持つのも
あるそうですが、丑の刻参り同様、誰にも気がつかれずにそっと
盗まないといけないそうです。


こんな、論理的でない話は好きではない方も多いでしょうが、
振り回されない程度で楽しめれば面白いですよね。


話は外れるかもしれませんが、一昨年から昨年にかけて、
購入した本に、なぜか、「三峯神社」の記載が必ずあり、
読んでいた時には、「泥棒よけの護符かぁ」(意味的には身内による災難除け的に思えていた)
私には関係ないな、と思ったら事が終わった時点で思い返すと、ちょうど、身内が
良からぬ事を画策して実行していた時期と重なっていて、もしかしたら、
何か伝えてもらっていたのかな?と、今、思い返す事があります、、、。

a1370_000306.jpg
(画像素材「足成」より)
nice!(48)  コメント(5) 

時たま天から情報が? [本]

こんにちは。

タイトルはもしかしたら簡単に言うと電波?なのかしら?(w)

きのう何食べた?(9) (モーニング KC)

きのう何食べた?(9) (モーニング KC)

  • 作者: よしなが ふみ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/08/22
  • メディア: コミック


を読んでいて、「エシレバター」なるものが、大変美味しいらしいと、
作中であったので、検索してみた所。

「エシレ公式オンラインショップ」
 http://www.echire-online.jp/  を、見つけ。
(リンクしておりません)

こちらも検索。
「エシレ・メゾン デュ ブール」
 http://www.kataoka.com/echire-shop-about.html
 (リンクしておりません)

私のお気に入りSo-netブログの管理人さんからの情報もあり、
エシレバターを使ったパンとか焼き菓子もあるのねと分かったのですが。

その後、前回ブログ記事を書いた後に何気なく購入した本に、エシレバターの記載が
あったりして、「通販して食べてごらんさない」みたいな天からの囁きなのかしら?
と食いしん坊は、勝手に思ったりしてたりします。(w)


禁断のレシピ

禁断のレシピ

  • 作者: 枝元 なほみ
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2014/06/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



禁断のレシピ

禁断のレシピ

  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2014/06/18
  • メディア: Kindle版


こちらの「禁断のレシピ」で、紹介されていた品は
「ガトー・エシレ・ナチュール」
見た目、バターそのものなんだけど、非常に濃厚で美味しそう。

ちなみに、この「禁断のレシピ」本には、
板チョコ八枚を使った「トリプルチョコレートケーキ」=6910Kcalとか、
フランスパンにクリムチーズやスパム、プロセスチーズ、スモークサーモンなどで作った
「フランスパン一本サンドイッチ」=3460Kcalとかがあります。

そんなレシピ本の著者に「ガトー・エシレ・ナチュール」は、

「イケナイ事をしている感がハンパない」と言わせる程、
バター味が凄いらしい。

でも、興味ある〜♪「ガトー・エシレ・ナチュール」〜♪(^_^)


☆ ★ ☆☆ ★ ☆☆ ★ ☆☆ ★ ☆☆ ★ ☆☆ ★ ☆☆ ★ ☆☆ ★ ☆


こちらから下は、この記事を投稿した何時間か経過した時点で書き加えています。

私は室内で仕事をしているのですが、深夜から急に寒くなり、
秋物の室内着の上に、ベストを羽織る状態で仕事をしています。

上の記事を書いていたときは、夏の室内着だったんですよ、、。
それも、窓は少し開ける感じで、、、もしかしたら、寒さに
備える為に体が脂質を要求してるのかしら? 

これは、寒い冬に備えて肥えなさいという、天からの知らせなのかしら??

nice!(14)  コメント(3) 

お賽銭でのNG?金額 [本]

今日は。

先日こちらの本をAmazonで購入しました。


全然、知らずにお参りしてた 神社の謎 (祥伝社黄金文庫)

全然、知らずにお参りしてた 神社の謎 (祥伝社黄金文庫)

  • 作者: 合田 道人
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2013/09/02
  • メディア: 文庫



知らなかった神社参拝のルールなど、書かれていて、目から鱗。

今まで、随分、失礼な参拝の仕方をしていたんだと反省しました。

本を読んでて、思う事は、やはり礼儀正しく真摯な気持ちと、
今まで培われたルールに従って参拝したほうが、挨拶される側
に、伝わり易くなると言う事なのかなぁと納得。

お賽銭のNG金額も書かれていて、うう、此所では書けませんが、
こっそり、その金額だと「縁、遠く」なるそうですよ。

あと、とある神社での奉納額で、高くなる程、神社の奥にまで
参拝出来るというお話もちょろっとあり、興味深く読ませて頂きました。(^_^)




nice!(16)  コメント(9) 

惹かれたのには訳があるのか。 [本]

こんにちは。

すいません、人じゃないです本です。
TVニュースでも取り上げられた「直木賞」受賞作品の1つ。

凄く惹かれるんだけど読んでて辛くなるんじゃないかと
Amazonのカートにinしたまま、「姫野カオルコ」氏の
他の本を検索。

あ。


ああ、懐かしの少女漫画 (講談社文庫)

ああ、懐かしの少女漫画 (講談社文庫)

  • 作者: 姫野 カオルコ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/10/14
  • メディア: 文庫




そうか、こういうエッセイを書かれる方だから惹かれるのか。(w)



昭和の犬

昭和の犬

  • 作者: 姫野 カオルコ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/09/12
  • メディア: 単行本




昔、薄氷の候。

月光が夜空を明るく照らしている中、帰途についた私。

私の肘にそっと、鼻で挨拶してくれた大きな犬。

体調を崩し、心も真っ黒だったのに、

嘘みたいに気持ちが軽くなった

信じられない邂逅。


優しかった、大きな犬。

そんな話も出てくるんだろうか?





nice!(26)  コメント(16) 

「古代歴史文化賞」 [本]

こんにちは。

NHKニュースで「古代歴史文化賞」について報道していたのでメモ代わりに(;^_^A
ブログで記録を残したいと思います。


この賞は古代史に関係の深い三重県、奈良県、島根県、宮崎県の共同企画だそうです。

詳しく知りたいと思われた方はこちら↓のHPでご確認下さいませ。

「古代歴史文化賞記念シンポジウム 日本の始まり」
http://kodairekishibunka.jp/index.html
(リンクしておりません)


「古代歴史文化賞」は「古代国家はいつ成立したか」の都出比呂志氏


古代国家はいつ成立したか (岩波新書)

古代国家はいつ成立したか (岩波新書)

  • 作者: 都出 比呂志
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2011/08/20
  • メディア: 新書



「しまね賞」は「古代に行った男ありけり」の関和彦氏


古代に行った男ありけり -古代の心象風景を出雲に探る-

古代に行った男ありけり -古代の心象風景を出雲に探る-

  • 作者: 関 和彦
  • 出版社/メーカー: 今井出版
  • 発売日: 2012
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



「みえ賞」は「古事記はいかに読まれて来たか:(神話)の変貌」の斉藤英喜氏


古事記はいかに読まれてきたか: 〈神話〉の変貌

古事記はいかに読まれてきたか: 〈神話〉の変貌

  • 作者: 斎藤 英喜
  • 出版社/メーカー: 吉川弘文館
  • 発売日: 2012/10/25
  • メディア: 単行本




「なら賞」は「道が語る日本古代史」の近江俊秀氏


道が語る日本古代史 (朝日選書)

道が語る日本古代史 (朝日選書)

  • 作者: 近江俊秀
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2012/06/08
  • メディア: 単行本




「みやざき賞」の「古事記を読みなおす」の三浦佑之氏


古事記を読みなおす (ちくま新書)

古事記を読みなおす (ちくま新書)

  • 作者: 三浦 佑之
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/11/10
  • メディア: 新書




こういう企画、大好きです。

東北地域でもこういうのやってくれないかなぁ〜。
面白そうなのに〜。(^_^)



nice!(13)  コメント(6) 

「面白い漫画を読ませてくれ」 [本]

こんにちは。

子どもの頃に何もかも忘れて貪るように漫画を読むような
事は歳を重ねるにつけてすっかり出来なくなってきましたが、
それでも未だに「夢中になるような面白い漫画はないか!?」
とネットや雑誌で探していたりします。

最近は「進撃の巨人」が面白いらしいよと風の便りが(;^_^A

進撃の巨人(1)

進撃の巨人(1)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/03/17
  • メディア: Kindle版



すこし前だと、こちらが噂に。

町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックスアルファ)

町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックスアルファ)

  • 作者: 岩本 ナオ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/12/21
  • メディア: コミック



坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)

坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)

  • 作者: 小玉 ユキ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/04/25
  • メディア: コミック



よつばと! (1) (電撃コミックス)

よつばと! (1) (電撃コミックス)

  • 作者: あずま きよひこ
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2003/08/27
  • メディア: コミック



一度は読んだ方がいいんじゃない?などと聞いたりするのは、

あの日からのマンガ (ビームコミックス)

あの日からのマンガ (ビームコミックス)

  • 作者: しりあがり寿
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/07/25
  • メディア: コミック



なのはな (フラワーコミックススペシャル)

なのはな (フラワーコミックススペシャル)

  • 作者: 萩尾 望都
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2012/03/07
  • メディア: コミック



ペコロスの母に会いに行く

ペコロスの母に会いに行く

  • 作者: 岡野 雄一
  • 出版社/メーカー: 西日本新聞社
  • 発売日: 2012/07/07
  • メディア: 単行本



どれも未読です、本の流通が多い時期に買っておかないと
後悔しそうなんですが、、、、。
床が、、、、。本を処分しないと新しいのが買えない、、、。



私の部屋は本が多いため梅雨の時期は紙の魚さんが活性化
しやすい(T_T)、掃除しながら整理整頓したいんですが懐かしい
本とか出てくるとしばし停滞、そして今日も夜中になるまで
片付け出来なかったりして、、、。

とりあえず、バルサンかな〜。(;^_^A


a1620_000840.jpg
画像素材「足成」より)
nice!(4)  コメント(4) 

ここ2、3ヶ月で購入して面白かった本 [本]

こんにちは。

最近、購入した本の中で、面白かった本の紹介です。
まずは、こちらから↓

ひみつの植物

ひみつの植物

  • 作者: 藤田 雅矢
  • 出版社/メーカー: WAVE出版
  • 発売日: 2005/04/01
  • メディア: 単行本



 「奇想天外」と言う植物や、今はもう近くのスーパーなどで売られてるかも
しれない幾何学模様のカリフラワー「ロマネスク」など紹介されていて読んでて
飽きない一冊です。

 2005年発行なため、情報は少し古いと思いますが、愛好家さんのための
HPアドレスや販売業者さんのアドレスなど掲載されています。

次はこちら↓

よちよち文藝部

よちよち文藝部

  • 作者: 久世 番子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/10/21
  • メディア: コミック


 太宰治、夏目漱石など、文豪と称される方々の作品の紹介(?)コミックエッセイ。
私的に面白かったのは、「おたんこなすの顔」と言われた中原中也さんのお話。

 久世番子さんの切り口が面白く、「そうか〜、そう見るか〜(w)」と苦笑しながら
読ませて頂きました。

そしてこちら↓

31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる (ウィングス・コミックス)

31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる (ウィングス・コミックス)

  • 作者: 御手洗 直子
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2012/10/25
  • メディア: コミック


 著者の経験した「ネット結活」のコミックエッセイなのですが、
いや〜笑いました、面白かったです。

 突っ込みどころが満載な年収1,000万以上のお見合い相手のお話や
ネット結活を初めて、1日100通程度のメールを開封そして返信など、
別世界のお話で楽しく読めました。

プラスこちら↓

日本の地名 (岩波新書)

日本の地名 (岩波新書)

  • 作者: 谷川 健一
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1997/04/21
  • メディア: 新書



 日本の昔からの地名には、それぞれ意味が込められていると聞いております。
部首が「さんずい」がつく漢字が地名にある場合は元々は池や沼など水はけ
もしくは水の被害に遭い易い土地などと言うお話です。
(「さんずい」の話は私が聞きかじった話で、上記の本には書かれていません)

 何千年と命のバトンを繋いで住んきた人々は土地に色々な意味を込めて
土地に名をつけていったと思われますが、それが、近代、書類上便利だからと
簡単に変更する世の中は如何な物かと思う時が多々あります。

 

nice!(9)  コメント(8) 

記憶残る漫画 [本]

こんにちは。

時たま、あの漫画の全体の話ってどうだったんだろう?
って、思い出す時があります。

少し前に思い出して、何とかネットで検索して購入できた

BLUE CITY CHRONICLE Ⅰ (光文社コミック叢書signal)

BLUE CITY CHRONICLE Ⅰ (光文社コミック叢書signal)

  • 作者: 星野 之宣
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2010/08/30
  • メディア: コミック



で、最近思い出して読みたくなったのはこちら↓

佐武と市捕物控 1 (ビッグコミックススペシャル)

佐武と市捕物控 1 (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 石ノ森 章太郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/09/30
  • メディア: コミック


後は、こちらとか↓

ワン・ゼロ (小学館文庫) 全3巻完結セット【コミックセット】

ワン・ゼロ (小学館文庫) 全3巻完結セット【コミックセット】

  • 作者: 佐藤 史生
  • 出版社/メーカー:
  • メディア: コミック


この作品とか↓

うしろの正面だあれ? (プリンセスコミックス)

うしろの正面だあれ? (プリンセスコミックス)

  • 作者: あしべゆうほ
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1978/11
  • メディア: コミック



作者は分かるのですが作品タイトル名が分からず、ただ今、
ネットで検索中のこちらの作品でも著名な大島弓子氏作品。

綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)

綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)

  • 作者: 大島 弓子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1994/06
  • メディア: 文庫



傑作集で随分作品が出ているので、もしかしたら傑作集の
なかにあるのかもしれないのですが。

お話の内容は、多分、夏に自宅に帰省した主人公(男子)
が何時もある日常に違和感を感じ、その違和感を探すというお話だったーーよーーなーーー?

曖昧な記憶なのですが、ポイントは紙に書かれた中性子(?)が
爆発する意味の数式なんです。

大島弓子さんの画風は、細くフワフワとした可愛らしい絵柄
なのですが、作品内容は物凄く深く重く、子どもの私には
若年性アルツハイマーのお話とか、歳を重ねていってやっと理解出来る
有様で、何ともお恥ずかしい次第です。




nice!(3)  コメント(2) 

「萌え」もいろいろあるんですね〜。 [本]

こんにちは。

日本海名物フェーン現象で36度という熱さの後に、薄手の長袖
だと涼しい気候に、、、。

フェーン現象の時、部屋の温度が高すぎて、機械類に支障が。
携帯の液晶に縦線とか、コンセントが馬鹿になっちゃって
通電しなかったりとガックリします。(:^_^A


で、上記のお話と全然違うお話で恐縮ですが、
ただ今、Amazonからお勧めされている本が、私的には
びっくりする本でしたので、ご紹介します。


佐川男子

佐川男子

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2012/08/11
  • メディア: 単行本



「佐川萌え」っていう言葉があるそうですねー。
全然知りませんでしたよ(;^_^A(クロネコ萌えもあるらしい)

宅配便の爽やかな立ち居振る舞いのお兄様方が「萌え」だそうで、
仕事で宅配便は命の綱なんですが、今まで、そんな風に見た事ないので
何か「ハァ〜[バッド(下向き矢印)]」な感じです。
(荷物に足跡が付いてるぞ!◯◯急便!とか、
路上で会った◯◯のドライバーに大量の荷物をその場で渡されたりとか!
毎日、荷物を届けるのを嫌がる◯◯のドライバーとか!
こめかみに血管が浮く話なら枚挙にいとまがありませんが。(w))

Amazonで面白そうとお薦め商品をクリックしたら
ここの処、ず〜と、この本が表示されてます。(w)

このお薦めの本は購入はしませんが、ただ今、加門七海氏
マイブームでして。


怪のはなし (集英社文庫)

怪のはなし (集英社文庫)

  • 作者: 加門 七海
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/12/15
  • メディア: 文庫



怪談徒然草 (角川ホラー文庫)

怪談徒然草 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 加門 七海
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫



猫怪々

猫怪々

  • 作者: 加門 七海
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/11/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



お祓【はら】い日和 その作法と実践 (幽BOOKS)

お祓【はら】い日和 その作法と実践 (幽BOOKS)

  • 作者: 加門 七海
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2009/07/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



わはは〜(;^_^A
こんなに買っちゃいました〜(^_^)

「猫怪々」はオカルトの話半分(拾った子猫に関する霊的なお話)
と、子猫ののちゃんへの愛に満ち満ちたお話半分です。

a1620_000065.jpg
(画像素材「足成」より)



nice!(15)  コメント(12) 

8月の購入本 [本]

こんにちは。

まだまだ暑いですね、お疲れになりません様、
皆様、お体お気遣い下さい。


今月の読んだ本の紹介(?)です。

古代メソアメリカ文明――マヤ・テオティワカン・アステカ (講談社選書メチエ)

古代メソアメリカ文明――マヤ・テオティワカン・アステカ (講談社選書メチエ)

  • 作者: 青山 和夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/08/10
  • メディア: 単行本



最近、新しい発掘などがあり、一昔の本より、
新しい情報が載ってるのではないかと、購入した本です。

序章に書かれていた「「インカ、マヤ、アステカ」シンドローム
といべき同一視、混合は、西洋中心主義的な中学、高校の世界史の
教科書によって形成、助長されてきたと言っても過言ではない」
と、教育者たるもの、ちゃんとした情報を子どもに教えてよ的な
発言は非常に頷ける事なので、本文よりも序章のお話を真剣に
読んでしまいました。(;^_^A

 
遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

  • 作者: 柳田 国男
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/05
  • メディア: 文庫



二冊目の遠野物語です。
角川文庫を買うと「ハッケンくん」のストラップが当たると
いうので、ついふらふらと購入。(;^_^A

久しぶりに読み直して「百鬼夜行抄」(今市子)の元ネタが
あるので、楽しくなってしまいました。


眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 百鬼夜行抄(21) (ソノラマコミックス)



そう言えば、元ネタからこんな話に作れるんだと感心したのは、
「雨月物語」(上田秋成)より「吉備津の釜」を元ネタにした


雨月物語 (ちくま学芸文庫)


「孔雀草」(名香智子)さんの漫画でした。

孔雀草―ミステリー名作選集 3 (双葉文庫―名作シリーズ)


話が横道にそれましたが話を戻して。

イソップを知っていますか (新潮文庫)

イソップを知っていますか (新潮文庫)

  • 作者: 阿刀田 高
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/06/27
  • メディア: 文庫



やさしいダンテ<神曲> (角川文庫)

やさしいダンテ<神曲> (角川文庫)

  • 作者: 阿刀田 高
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/01/25
  • メディア: 文庫



シェイクスピアを楽しむために (新潮文庫)

シェイクスピアを楽しむために (新潮文庫)

  • 作者: 阿刀田 高
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 文庫




実話もののお話で、

怪談徒然草 (角川ホラー文庫)

怪談徒然草 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 加門 七海
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫



ほぼ1年ぶりの最新刊、参勤交代中のお話なのですが、
何度も何度も読み返せる、作りの巧いお話です。

つらつらわらじ(4) (モーニング KC)

つらつらわらじ(4) (モーニング KC)

  • 作者: オノ・ナツメ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/08/23
  • メディア: コミック



そして、もう一度読みたくなって文庫を大人買いしました。
話の解釈の巧さもさることながら絵のクオリティがupしていく様も見逃せません。

あさきゆめみし 漫画文庫 全7巻 完結セット (講談社漫画文庫)

あさきゆめみし 漫画文庫 全7巻 完結セット (講談社漫画文庫)

  • 作者: 大和 和紀
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: 文庫



ちなみに、好きな登場人物は「六条御息所」「花散里」です(^_^)



nice!(27)  コメント(18) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。